久しぶりの投稿です! 最近、ブログに対する熱を失いかけていたけど友人と会ったときに「次はいつ投稿するの?結構楽しみにしている!」と言われてみてくれる人がいるなら頑張ろうかなと思えました!友よありがとう!!

このブログでは本のアウトプットをするときに要約を主にしていたけど、今後はなるべく自分の思ったことを主体にして書きます。本の要約ならYouTubeや他のブログにもごろごろあるので同じことをしてもしょうがないですよね。

この本を読み終わったときの感想は「めっちゃおもしろい!!」です。 ここ数ヶ月で読んだ本の中で一番おもしろくて、結構さくっと聞き終わりました! よく世間で言われている将来のために貯金をしようとか安定している仕事に就こうとかそういった生き方について考えさせられる内容でした。(それらの生き方が間違っているとは本の中で言っていない。) 著者の考える生き方は今までにない新鮮なものだったのでぜひ読んでみてほしいです!

ゼロで死ぬってどういう意味?

本のタイトルのインパクトがとにかくすごいです。 最初は「ゼロで死ぬ」ってどういうこと?ってなりますが、ゼロで死ぬとはお金を残さずに死ぬことを意味してます。 貯金したまま死ぬということはお金を得るために使った自分の時間がムダになっているし、そのお金で得られたはずの経験を失っています。たしかに将来のためにって考えて今の生活を質素に抑えた結果がムダになるのはもったいないですよね。 この主張で誤解して欲しくないのが、お金を残さずに死ぬってことは「子供のために何も残さなかったり、困っている人のために寄付をしたりせずに自分のためにだけお金を使って死ぬ」ということではないです。 子供のためにお金を残すことも含まれているし、寄付などで他者貢献をしてもいい。
ただ、遺産として残すより前に今渡せばいいのにという著者の主張があります。 なぜなら、自分が死んだときに遺産として子供にお金が渡るのは平均寿命から考えると大体60とか70歳のときぐらいだし、寄付で助けてほしい人は今たくさいいる。子供には人生でもっともお金がなくて大変な若い時期にお金を渡せばいいし、寄付したいと思っているなら今すればいい。そうすれば感謝もされるし自分の経験になる。だからこそ死ぬときにゼロでいいって考え方です。

人生でもっとも大切なことは思い出

著者が考える人生でもっとも大切なことは思い出です。死ぬときに稼いだお金はあの世には持っていけないので、どれだけ価値のある経験をして思い出があるのかが自分の満足度につながるっていうのたしかになと思いました。 思い出を増やすには経験を増やす必要があって、経験を増やすためには自分がしたいことや今しかできないことに時間やお金を費やすってことが大切です。この「今しかできないことをやろう」って考え方は今までの自分にはあんまりなくて、 将来のために今の時間を勉強に費やそうとかをよく考えていました。人生はステージごとに今しかできないことがあって、たとえば、20代ならサッカーや野球みたいな激しい運動をして楽しむことができるけど、60代になってその運動はできないです。運動以外でも旅行や食事、リスクのある挑戦など若いときじゃないとできないし思いっきり楽しめないことがあります。 だからこそ、若いときから少ない給料なのにこつこつ貯金をするのではなく、借金をしたとしてもいい体験ができるのならしようって考え方はありだなと思いました。
この本の中で著者が若いときに毎月貯金をしていて上司から「この先、収入は増えるのになぜ元気で若い今の自分が、将来収入が増えるであろう自分のために貯金をするのか。」のように言われるシーンがあって、自分も経験のためにもっとお金を突っ込もうと思いました。老いたときの経験よりも若いうちの経験は何十年も活きるから、今こそリスクをとった経験をするべきだなと思いました。 歳を取ってからの挑戦は身体的にもきついし、家族がいるので借金もできないしとかを考えると若い今こそリスクを取るべき。

終わりを意識する

自分の終わり=死ぬことを意識すると今残っている時間をもっと有意義に使おうって考えることができますね。 これってスティーブジョブズの演説でもみたことある内容だなと思いました。死を意識しないと人は永遠と今の時間が続くと錯覚してしまう。時間が永遠にあると思うから今をムダにしても全然大丈夫だと感じてしまう。 自分の終わりを意識することは大切だなと改めて思いました。 時間は自分の命。

この本に出てくる自分の寿命を測定するアプリをダウンロードするかどうか考え中です。(課金したらダウンロードできるアプリみたいなので。。)

資産を取り崩すのは45~60歳がオススメ

これぐらいの年齢は健康でお金を持っていてかつ人生も折り返し地点なので資産を切り崩すことを考えるのに適しているみたいです。 仕事が好きな人にとってはこの歳って稼げるしいいポジションでおもしろい仕事ができているのかなと思います。 仕事をすることはいいことだしやりたいのなら全力でやるべきだとは思うけど、人生の思い出を増やすためにはもっと違った経験にお金を使うことを考え始めるのが良さそうです。 それにお金から得られる価値は年々下がっていて、80歳の時の旅行と30歳の時の旅行ではどっちが楽しめるのかって考えると30歳の方だと思います。歳を取ってからお金を手にしても有意義に使えないときが多そうなので若い内にいい経験できるようにお金を使いたいですね。

最後に

この本の著者は親しい人や家族を何十人も旅行に招待して飛行機代やホテル代、遊び代などすべてを出して最高の思い出を作ったりとすごいいい経験をしている人でうらやましいです。 自分も特別な経験にお金を使いたい!!

この本の内容を知るためにYouTubeの要約動画を見るのもいいと思いますが、知人の話や著者の実体験が多く語られていてより本を読んだ方がよりイメージしやすいので本がオススメです。

それとこの記事を書いていて思いましたが、伝わる文章としてうまくまとめようとすると鬼ほど時間がかかるので、 スピードと質のバランスは考え直そうと思いました。